【Xサーバー】任意のDB名でWordPressを自動インストールする方法

【Xサーバー】任意のDB名でWordPressを自動インストールする方法

エックスサーバーのWordPress自動インストール機能。便利ですよね!

でも、複数サイトを1つのサーバーで運用する時、全部自動インストールでやってしまうと、[アカウント名]_wp1,[アカウント名]_wp2,…のように、どのサイトがどのDBを使っているかわかりづらくなります

バックアップ取得やサーバー移転の可能性も考えて、サイトとの対応がわかりやすい形でDBを作ってWordPressの自動インストールをする方法を紹介します

事前にDBを作成する

エックスサーバーのWordPress自動インストール機能を使っても、自分であらかじめ作成しておいたDBを使うことが可能です

まずは、サーバーパネルから任意の名前のDBを作っておきます

サーバーパネルのMySQL設定を開く

サーバーパネルにログインし、「MySQL設定」を開きます

MySQLにDBを追加

MySQL追加からDB名を入力します

「MySQL追加」タブを表示して、「MySQLデータベース名」と「文字コード」を入力します

「MySQLデータベース名」にはわかりやすいDB名を付けておきます。ドメインの一部を使うと後々わかりやすくなるでしょう

入力ができたら「MySQLの追加(確認)」ボタンを押して、内容を確定します

MySQLユーザーを追加

MySQLユーザー追加からユーザー名とパスワードを入力します

DBの追加ができたら続いてユーザーを追加します

「MySQLユーザー追加」タブを開き、ユーザーID、パスワードを入力します

パスワードはこの後のWordPressインストールでも使用するのでどこかに控えておいて下さい

DBにユーザーを紐付ける

作成したDBにユーザーを紐付けます

DBとユーザーがそれぞれ作成できたら、作ったDBにユーザーを追加します

「MySQL一覧」タブを開き、作成したDBの行の「アクセス権未所有ユーザ」にプルダウンから、作成したユーザーを選択します

プルダウンのすぐ下の「追加」ボタンを押すとDBにユーザーが追加されます

アクセス所有権ユーザーに追加されればOKです

ユーザー追加が完了すると「アクセス権所有ユーザ」のプルダウンにユーザーが追加されます

ここまででひとまずDBの準備は完了です

WordPressのインストールで作成したDBを選択する

WordPress自動インストールで作成したDBを選択する

DBが作成できたらWordPressの自動インストールを行います(今回は自動インストールの詳しい方法は割愛します)

WordPress自動インストールの設定ページの最後の部分にある「データベース」の欄で「作成済みのデータベースを利用する」を選択します

さらに、その下に表示される「利用するデータベースの指定を行って下さい」部分に先程作成したDB・ユーザー・パスワードを入力します

入力が完了したら「インストール(確認)」ボタンから入力内容の確認をして、インストールを実行します

入力内容に誤りが無ければ無事インストールが完了です!

予め作成したDBを使ってWordPressがインストールできました!!

まとめ

予めわかりやすくDB名を付けておけば、サーバーパネルからDBのバックアップをとるときにわかりやすくなりますね!

ではまた。