【WordPress】headやbody直前に任意のコードを追加出来るプラグイン「Insert Headers and Footers」

【WordPress】headやbody直前に任意のコードを追加出来るプラグイン「Insert Headers and Footers」

Google Adsenseなど、なにかのサービスと連携するときに「認証コードをhead内に記入して下さい」と言われることがあります。

「テーマのどこを編集すればいいんだ…」と考えてしまうかもしれませんが、テーマファイルをカスタマイズしなくともhead内にコードを追加出来るプラグインがあります。

そんなときに活躍するであろう「Insert Headers and Footers」というプラグインの使い方について紹介します。

「Insert Headers and Footers」のインストール

まずはプラグインのインストールです。

「Insert Headers and Footers」はWordPress公式プラグインとして登録されているので、管理画面からインストールすることができます。

プラグインのインストール方法については以下を参考にして下さい▼

設定画面の場所

設定画面は「設定」→「Insert Headers and Footers」にあります。

設定画面はめちゃめちゃシンプル。

head内に追加するコードを入力する欄、</body>直前に追加するコードを入力する欄の2つとSaveボタンがあるだけです。

上側がheadに追加するコードを入力する欄、下側が</body>直前に追加するコードを入力する欄です。

headにコードを追加してみる

では、試しにGoogle FontsのWebフォントを追加するコードを入力してみましょう。

上側の欄にコピーしてきたGoogle Fontsのスタイルシート読み込み用タグを貼り付けます。

あとはSaveボタンをクリックすれば完了です。

無事、head内に入力したコードが追加されました!

まとめ

ここに入力した内容は全ページで出力されてしまうのでページ毎に内容を変えることはできませんが、Webフォント用のCSS読み込みタグや外部サービスの認証用タグなどを追加する場合は「Insert Headers and Footers」でサクッと追加できて便利だと思います。

headに何か追加したいときにぜひ使ってみて下さい。

ではまた。

WordPressカスタマイズ入門に最適な書籍を執筆しました!

WordPress 5.x 対応!Gutenbergを使った投稿の作成方法からWordPressブログをかっこよくカスタマイズするためのポイントを紹介した書籍を執筆しました!

詳しく見る