【WordPress】プラグインのインストール方法

WordPressでは、機能を拡張させるための「プラグイン」というツールを使うことが出来ます。

プラグインを使うことで例えば、ブログ記事にSNSのシェアボタンをつけたり、SEO対策のためのいろいろな機能を追加する…といったことができます。

「プラグインのインストール方法」と聞くと難しく思ってしまうかもしれませんが、管理画面から簡単なボタン操作でインストール可能です!

そんなWordPressのプラグインのインストール方法について説明します。

WordPressプラグインのインストール方法

よっしー(@yosiakatsuki)です。

今回はサイトに様々な拡張機能を追加できるプラグインのインストール方法について説明します。

インストール方法は管理画面からプラグインを検索してインストールする方法とインストールするプラグインをアップロードする方法のざっくり2通りがあります。

プラグインを検索してインストールする方法

まずは管理画面からプラグインを検索してインストールする方法について説明します。

おそらくこの方法が一番簡単かつスタンダードなプラグインのインストール方法と思います。

プラグインの新規追加ページを表示する

管理画面のプラグインページを開き、新規追加ボタンを押す

管理画面のメニュー内の「プラグイン」からインストールされているプラグインの一覧ページを表示します。

プラグイン一覧ページの上に「新規追加」というボタンがあるので、こちらをクリックします。

プラグインを検索してインストール

インストールしたいプラグインを検索してインストールする

プラグインの追加ページが表示されたら、右上の検索ボックスにインストールしたいプラグイン名を入力します。

検索結果の中にお目当てのプラグインがあったら、該当プラグインの右上に表示されている「今すぐインストール」ボタンを押してプラグインをインストールします。

プラグインを有効化する

インストールしたプラグインを有効化する

プラグインはインストールしただけでは使えません。

プラグインインストール後に表示される「有効化」のボタンを押して有効化します。

プラグイン一覧からもプラグインの有効化が出来ます

インストールはしたけど、有効化せずに他のページへ移動した…といった場合は、プラグイン一覧ページのプラグイン名のすぐ下に「有効化」と書かれたリンクがありますので、ここからプラグインの有効化ができます。

インストールするプラグインをアップロードする

管理画面から検索してインストールできるのはWordPress公式プラグインのみです。

非公式でもWordPressプラグインでもインストールして使うことが可能です。

プラグインをアップロードしてインストール

公式プラグイン以外はプラグインファイルをアップロードしてインストールする必要があります

先に説明したプラグインの追加ページで、「プラグインを追加」の右横に「プラグインのアップロード」というボタンがあるので、こちらを押します。

すぐ下にプラグインアップロード用のファイル選択ボタンが表示されるので、PC上からプラグインを選択して「今すぐインストール」ボタンを押します。

これでプラグインのアップロードとインストールができました!

まとめ

WordPressのプラグインを使えば記事にSNSシェアボタンをつけたり、SEO対策のための機能をつけたり、バックアップを自動で作成できるようになったり…

いろいろな機能を追加することが出来ます!

日本語でも便利なプラグインの紹介をしているブログがありますのでぜひ「WordPress プラグイン」のキーワードの後に自分のやりたいことを加えてGoogle検索してみてください!

よっしーのひとこと

よしあかつき

このブログでも便利なWordPressプラグインについて順次紹介していきます!

ではまた。