【WordPress】プラグインで簡単!Google Adsenseの審査用コードをheadに追加する方法

【WordPress】プラグインで簡単!Google Adsenseの審査用コードをheadに追加する方法

Google Adsense(グーグルアドセンス)に登録をして最初の関門になるであろう審査用コードの追加

コードを「 <head>タグと</head> タグの間に貼り付けます。」と言われても、テーマのどこを編集すればいいか悩んでしまうかもしれませんが、実はテーマを編集しなくてもプラグインで簡単にコードの追加ができちゃいます

プラグインを使って簡単にhead内にGoogle Adsesneの審査用コードを追加する方法について紹介します。

審査用コードの取得

Google Adsenseの登録が済んで、サイトの追加をすると審査用コードをサイト内に追加するように案内されると思います。

上の例はサイトの追加時のものですが、概ね同じような内容になるはずです。

サイトURL下の枠内に書かれたコードが審査開始に必要なコードになるのでコピーします。

WordPressサイトで審査用コードを貼り付けるための準備

「このコードをコピーして、お客様のサイトの HTML( <head>タグと</head> タグの間)に貼り付けます。」と書かれているので、WordPressであればテーマをカスタマイズして審査用のコードを追加することをイメージしますが…

よくよく見ると、WordPressユーザー向けのヘルプが用意されています。

ヘルプではheadにコードを追加するために以下の3つのプラグインを紹介しています。

  • Insert Headers and Footers
  • Advanced Ads
  • Ad Inserter

全部のプラグインを使う必要はなく、どれか1つを使えば大丈夫です。

ひとまず今回は「Insert Headers and Footers」を使ってみましょう。

「Insert Headers and Footers」プラグインでheadに審査用コードを追加

「Insert Headers and Footers」プラグインのインストールや基本的な使い方は以下を参考にして下さい▼

「設定」→「Insert Headers and Footers」ページを開き、Google Adsenseでコピーしたコードを上の入力欄に貼り付けます。

無事貼り付けられたら「Save」ボタンをクリックします。

コードが出力されているか確認する

「Insert Headers and Footers」でコードの追加が完了したら、ブログを表示してページのソースを見てみましょう。

Google Chromeであればページの上で右クリック→「ページのソースを表示」で表示できます。

※「ページのソースを表示」が表示されない場合は、別の場所にカーソルを動かしてから再度右クリックしてみて下さい。

表示されたHTMLの中に、先程設定したコードがあれば設定完了です!

プラグインを使えば「テーマのどのファイルを修正すればいいかわからない」という悩みもなくなりますし、どんなテーマを使っていても同じ操作で審査用コードが追加できますね!

後は無事審査が完了してアドセンスの広告コードが貼れるようになることを祈ります!

ではまた。

WordPressカスタマイズ入門に最適な書籍を執筆しました!

WordPress 5.x 対応!Gutenbergを使った投稿の作成方法からWordPressブログをかっこよくカスタマイズするためのポイントを紹介した書籍を執筆しました!

詳しく見る