【WordPress】スパム対策!Contact Form 7のreCAPTCHA機能を設定してお問い合わせフォームに画像認証を追加する方法

【WordPress】スパム対策!Contact Form 7のreCAPTCHA機能を設定してお問い合わせフォームに画像認証を追加する方法

最近、スパムコメントはかなり減ったのですが、お問い合わせフォームからスパムメールが多く届くようになりました…

週に1件くらいなら、まだメールの削除もそこまで手間ではないのですが、1日に数十件のスパムメールが届くこともあり、「何か対策を…」ということでreCAPTCHAを設定してみることにしました!

※Contact Form 7 v5.1から「reCAPTCHA v3」を使用するようになり、画像認証方式ではなくフォーム送信時に自動で判定されるようになりました。

Contact Form 7のお問い合わせフォームに「reCAPTCHA」を追加する

reCAPTCHAの設定が完了すると、ページ右下にreCAPTCHAの案内が表示されます

Contact Form 7では「reCAPTCHA」を使ったロボットなどのスパムメッセージ対策をすることができます。

ただ、「reCAPTCHA」を使うためには事前準備が必要なので、早速設定をしてお問い合わせフォームへreCAPTCHAを追加してみました!

ちなみにですが、Contact Form 7のインストール・使い方はこちら▼

「reCAPTCHA」を利用するための「サイトキー」と「シークレットキー」を取得する

まずは「reCAPTCHA」を使うために「サイトキー」と「シークレットキー」を取得します。

以下のreCAPTCHAの管理ページを開き、必要事項を記入します。

reCAPTCHAの管理画面から利用に必要な情報を入力する

「サイトキー」と「シークレットキー」の取得にはGoogleのアカウントが必要です。

Googleにログインした状態であれば上の画像のようなページが表示されると思います。

それでは必要な情報を入力していきます。

「reCAPTCHA」のキー取得に必要な情報の入力

;¥label、reCAPTCHAの種類、ドメインを入力する

「Label」は管理用の名前を入力します。
自分が後で見てわかりやすい名前にしておきましょう!

reCAPTCHAの種類は「reCAPTCHA v3」をクリックします。
(Contact Form 7 v5.1から「reCAPTCHA v3」になりました。)

「Domains」にはreCAPTCHAを設置するサイトのドメインを1行に1ドメイン入力します。
複数ドメインもまとめて設定できるようですね!

利用規約に同意して、キーを発行

利用規約に同意してキーを発行

必要な情報を入力したら、利用規約(英語)を確認し「Accept the reCAPTCHA Terms of Service.」にチェックを付けて「Registar」ボタンをクリックします。

「サイトキー」と「シークレットキー」をメモする

サイトキーとシークレットキーをメモ

「サイトキー」(Site key)と「シークレットキー 」(Secret key)がページに表示されます。

この2つのキーをContact Form 7に設定するのでメモしておいて下さい。

Contact Form 7でreCAPTCHAを設定する

Contact Form 7でreCAPTCHAの設定をする

サイトキーとシークレットキーの発行ができたら、Contact Form 7の「インテグレーション」ページを開きます。

「reCAPTCHA」設定の「インテグレーションのセットアップ」ボタンをクリックします。

発行したサイトキーとシークレットキーを入力する

発行したサイトキーとシークレットキーをそれぞれ入力して「保存」ボタンをクリックします。

reCAPTCHAの設定完了

設定が完了したら青色の枠で囲われます!

これでreCAPTCHAの設定は完了です。

reCAPTCHAの設定が完了すると、ページ右下にreCAPTCHAの案内が表示されます

reCAPTCHAが正しく設定できていれば、ページ右下にreCAPTCHAの案内が表示されます。

reCAPTCHA v2までは人間であるこの確認チェックボックスが表示されてましたが、v3からは自動でロボットの判別をしてくれます。

ユーザーに入力の手間をかけることなく、ロボットによるフォーム送信を防げるのは嬉しい限りですね!

ではまた。


Contact Form 7 を便利に使う方法がほかにもあります!