XサーバーならMySQLのバックアップはサーバーパネルから簡単にできるのでおすすめ!という話

XサーバーならMySQLのバックアップはサーバーパネルから簡単にできるのでおすすめ!という話

XサーバーならMySQLのバックアップはサーバーパネルから簡単にできるのでおすすめ!という話

サーバー上に作っていたWordPressサイトをPC上に作ったローカル環境にコピーする際、FTP等で画像などをダウンロードする他にデータベースのデータもエクスポートしますよね?

WordPress以外でもMySQL保存したデータをエクスポートしたい!という時はエックスサーバーのサーバーパネルからサクッとエクスポート出来ましたよ!というお話です。

エックスサーバーのサーバーパネルにログインするだけでMySQLのバックアップファイルが作れる

MySQLデータベース(以下「DB」)のデータをエクスポートする方法はいくつかありますが、エックスサーバーであればphpMyAdminが提供されているので、今まではそちらを使っていました。

もしくはSSH接続出来るようにしてあればWP-CLIを使う方法もありますね。

phpMyAdminでも問題ないと言えば問題ないのですが、手順としては

  1. サーバーパネルにログイン
  2. phpMyAdminにログイン

ログインの為に2回もID/パスワードの入力が必要になるので、ちょっと手間なのです…

年に数回ならまだしも、月に何回かDBをエクスポートする必要がある…みたいなことになってくると塵も積もって面倒になってきます

…と、前置きが長くなってしまいましたが、

そんな「チリツモ面倒」な作業を楽にしてくれる機能がエックスサーバーのサーバーパネルにあったので、その使い方を紹介します。
(最近気づきました)

サーバーパネルの「MySQL設定」を開く

まずはエックスサーバーのサーバーパネルにログインして下さい。

サーバーパネルのMySQL設定を開く

ログインが完了すると、各種メニューが表示されていると思いますので、「データベース」の項目にある「MySQL設定」をクリックして下さい。

「MySQLバックアップ」メニューからデータエクスポート

MySQLバックアップからバックアップしたいDBを選んでエクスポート

「MySQL設定」を開いたら「MySQLバックアップ」タブをクリックします。

すると、サーバー上にあるMySQLデータベースの一覧が表示されるので、バックアップしたいDBの列の「エクスポート実行」ボタンを押すとデータベースのバックアップファイル(.sqlファイル)をダウンロード出来ます。

もしDBの容量が多く、圧縮したほうがいい場合は「圧縮形式」の列で「gz形式」に●を付けてください。

ダウンロードしたファイルをそのままローカル環境のDBにインポートするのであればとりあえずgz圧縮していいのではないかと思います。

まとめ

サーバーパネルまでであれば1Password等を使ってサクッとログイン出来るので、サーバーパネルからバックアップを作成出来るのは本当にありがたいです。

バックアップが必要な際はぜひご活用下さい