【WordPress】必要最低限のファイルで作る子テーマの作り方

【WordPress】必要最低限のファイルで作る子テーマの作り方
  • 「子テーマってなに?」
  • 「子テーマを作るメリットってなに?」

といった子テーマの概要をぶっ飛ばして、「とりあえず必要最小限のファイルできちんと認識される子テーマを作る」為の備忘録です

必要最低限のファイルでWordPressテーマの子テーマを作る

よっひー(@yosiakatsuki)です。

既に配布されているテーマをベースに機能の追加やスタイルを調整してテーマを作る…といった場合には子テーマをよく使います

配布されているテーマの公式HPなどで子テーマの配布も行っていることが多いので、ほとんど子テーマもダウンロードしてきて使うのですが…

いざ1から自分で子テーマを作ろうと思うと、うまく1発でWordPressに認識されなかったりということがあったので、必要最低限のファイルでとりあえずWordPressが認識できる子テーマの作り方を備忘録としてまとめます

WordPressテーマの子テーマに必要なファイル

子テーマとして必要なファイルは以下の2つです

  • style.css
  • functions.php

この2ファイルを含んだフォルダを作り、親テーマが保存されているフォルダに保存します。

必要最低限のファイルで子テーマを作った場合のフォルダ構成

例として「Twenty Seventeen」の子テーマを作るとしたら上のようなファイル構成になります。

子テーマのフォルダ名は親テーマのフォルダ名に-childをつけた名前にすることが推奨されていますが、強制ではありません。

functions.php

functions.phpは空でも特に問題ありませが、PHPの開始タグくらい書いておくといいかもしれません。

style.cssの編集

ファイルを用意しただけでは子テーマとして認識されない

ファイルの準備ができただけではまだWordPressに子テーマとして認識してもらえません。

style.cssに次の2点を追記します

  • Theme Name(子テーマ名)
  • Template(親テーマ)

Templateは「親テーマ名」ではなく、「親テーマのフォルダ名」を指定します。

「Twenty Seventeen」の子テーマを作る場合はTemplateに「twentyseventeen」を指定します。

まとめて書くと次のようになります。

/*
  Template:twentyseventeen
  Theme Name:twentyseventeen-child
*/
style.cssに追記して子テーマとして認識されました

無事子テーマとして認識されるるようになりました!

ただ、これだけだと親テーマのスタイルシートがうまく反映されず、表示が崩れると思いますので、親テーマのCSSを読み込むカスタマイズも合わせてやっておきたいところです。