メモが入れやすくてMarkdownも使えて良さげだったのでタスク(ToDo)管理アプリを「TickTick」に変えてみた

メモが入れやすくてMarkdownも使えて良さげだったのでタスク(ToDo)管理アプリを「TickTick」に変えてみた

今までTodoistやTolleroなどいくつかタスク管理・ToDo管理のアプリを使ってきましたが、また違うタスク管理アプリを試してみたら良さげだったので乗り換えてみました。

効率よく仕事を進めるためのアプリ選びに今までどれだけ時間を使ってるんだって感じですが、ツール選びは趣味みたいなものなので、息抜きの一種としてやってるんだなって思っていただければと思います。

では、「TickTickのここがいいわ〜」というポイントとざっと使ってみた様子を紹介したいと思います。

TickTickに乗り換えを決めたポイント

元々Todoistを使っていたので、「Todoistに比べて…」というイメージにはなりますが、TickTickに乗り換えを決めたポイントはこちら▼

  • タスクの概要(メモ)の確認・入力がしやすい
  • メモ欄にMarkdownが使える
  • 完了したタスクが確認しやすい
  • 見た目を変えられる(ダークテーマで使える)
  • タグを設定出来る(無料版でも)
  • タスク登録時のデフォルトの期限を設定できる
  • リストでタスクのグループ分けが出来る(プロジェクト的なもの)
  • サブタスクを設定出来る
  • 繰り返しタスクの登録ができる
  • 繰り返し期限の設定がわかりやすい
  • ポモドーロタイマー機能付き(アプリ版)
  • 日本語対応(Web版のみ)

太字の部分は特に気に入っている部分です!

僕はチャットなどもPCではあまりアプリは使わずにWeb版を使うことが多いですが、この記事を書いている時点では最終的にWeb版ではなくデスクトップアプリを使うことにしました

そのため、記事内のスクリーンショットがWeb版とアプリ版で混在していますがご容赦ください。

それでは使い方をざっくりと紹介してみます!

TickTickを使い始める

まずはTickTickにアクセス▼

Join millions of people to capture ideas, organize to-dos, and make the most of …
ticktick.com
TickTickにアクセス

「Get Started – It’s Free」ボタンをクリックして登録開始。

まずは無料で始められます。

メールアドレスかGoogle,Facebookでの登録もできる

アカウント登録はメールアドレスかGoogle,Facebookアカウントを選べます。

TickTickを始めた画面

登録完了するとまずはチュートリアル的なものが始まります。

英語ですが「Next」ボタンをクリックして説明を確認できます。(僕はSkipしました)

タスクの追加・確認画面

タスクの入力・確認画面

タスクの入力・一覧は画面の中央にあります。

文字の大きさはやや小さめかな?と思います。(僕はこれくらいが丁度いいです)

タスクの概要画面

一覧のタスクをクリックすると、右側に概要が表示されます。

この画面構成がとても気に入って、TickTickに切り替えを決めました

最近はGTD的に細かい粒度でやるタスク管理ではなくて、大きな括りでメモをしながらタスクを整理することが多いので、まさに「今の自分に合ってる」といった感じです。

メモ欄はMarkdown対応

更にメモ欄はMarkdownが使えるので、ザクザクとメモをまとめることもできて嬉しいです。

サブタスクの設定もOK

サブタスクを設定した場合も右側に表示されます。

完了タスクも表示できる

完了したタスクの確認も簡単!

完了したタスクは見えなくなってほしいと思う方もいるかも知れませんが、僕は「今日やったこと」がわかる方がお仕事した気分になるので完了タスクが見えるパターンの方が好きです。

リスト・タグでグループ化

リストで整理

リストの設定

タスクはリスト機能を使ってグループごとに整理できます。

プライベートと仕事で分けたり、案件ごと・プロジェクトごとにリストを作ると良いのではないかと思います。

リストをさらにグループ化するフォルダ機能

リストは更に「フォルダ」でグループ分けすることができます。

フォルダ内のタスクをまとめて確認できる

フォルダをクリックすると、その中のリストに含まれているタスクをまとめて確認することもできます。

フォルダは開閉出来るので、リストが増えて見づらくなるようであれば適宜フォルダ分けして整理すると良いかなと思います。

タグの設定

タグの設定もできる

タスクを選んで、右クリックかWeb版の場合はタスクの右横に表示される「…」からメニューを開いて「Tags」をクリックして設定できます。

既存のタグかその場で新しいタグを作る

作成済みのタグから選ぶか、タグ名を入力して「Create Tag …」から新しくタグを作ることができます。

タグが設定できた

設定したタグはタスクの右横に表示されます。

左メニューからタグのついたタスクだけ一覧表示できる

左メニューの「Tags」からタグを選ぶと、該当のタグがついているタスクだけ一覧で確認できます。

タグのカンタン入力もできる

タスクの入力中に「#」とタグ名を入力すると簡単にタグの設定ができて便利です。

タスク入力・設定の便利な機能

繰り返しタスクの設定

繰り返しタスクの登録も簡単

繰り返しタスクの登録は期限設定画面の「Set Repeat」から。

繰り返し予定の日付が見やすい

繰り返しの設定をすると、今後期限に設定される日がカレンダーでわかりやすく表示されるので嬉しいポイントです。

期日の簡単入力

タスクの入力で期限日を簡単設定

タスクの期限日は、タスク登録時に曜日や日にちを自動で判定して期限を設定する機能があります。(日本語は非対応の模様)

期限として判定できる部分はタスク入力時に青色に変化します。

日付入力の場合は時間も自動判定できる

曜日 + 時間は反応しなかったのですが、日付 + 時間は自動判定してくれるようでした。

タスク入力時に期限日が決まっていればザクザクと登録できていいですね。

期限日の自動判定と判定した日付の扱いは設定から変えられる

日付の自動判定や、日付の判定に使用した部分をタスク登録時に消す・残すの設定は基本設定から変更できます。

複数タスクの一括登録

複数行のタスクを入力欄に貼り付けると複数タスクの登録ができる

複数行のテキストをタスクの入力欄に貼り付けると、複数タスクを一括で登録できます。

複数タスクに分割される

改行ごとに別々のタスクに分割されるので、メールで「これやってほしい」みたいな内容を箇条書きでもらったときでも簡単に登録できそうでいい感じです。

設定周り&便利だと思った機能

言語設定

Web版の言語設定は豊富

Web版の言語設定は豊富です。一応日本語対応もしていますが、イマイチなポイントもあります…(後述)

デスクトップアプリは英語と簡体中文の2種類です。(2020/04/29時点)

便利なデフォルト設定

タスク追加時のデフォルト設定など、結構細く設定できて嬉しいです。

デフォルト期限日

デフォルト期限日の設定

タスク追加時に期限日を自動で設定できます。当日〜+2日、一週間後が設定できます。

僕は「期限なしタスクを後で整理する」という作業が好きじゃないので、タスク追加時に期限日を自動で設定できるのは嬉しいです。

通知の時間設定

リマインダーの時間設定

通知の時間も設定できます。Googleカレンダーの通知設定に似た感じですね。

タスクの追加位置

タスクの追加位置設定

タスクを追加する位置も設定できます。

一番上に追加するか、一番下に追加するかを選べます。

テーマ設定

外観の設定もできる

テーマ設定もあります。

ダークテーマも選べるところが嬉しいポイントです。

上の画像はWeb版の様子ですが、デスクトップアプリではもう少し多くの配色を選べます。

有料版にすると更に多くのテーマを選択できるようになるみたいですね。

ポモドーロタイマー機能

デスクトップアプリでは標準で、Web版は設定の「Labs」から機能を有効化することでポモドーロタイマーの機能が使えます。

デスクトップ版のポモドーロタイマー設定

上の画像はデスクトップアプリのものですが、ポモドーロタイマー有効・無効と時間の設定ができます。

デスクトップアプリではメニューバーからポモドーロタイマーを使うことができます。

Web版では日本語の表示がイマイチ…?

ちょっとイマイチだなぁ…と思ったのは日本語の表示です…

Web版の日本語の表示確認

上の画像はWeb版での日本語表示です。

言語設定を日本語にするとメニューが日本語化されますが、「Inbox」が「収集箱」になる辺りは「Inbox」のままで良いのでは…と思います。

あと、フォントの設定がイマイチなのか、漢字の表示が日本語っぽくない部分があるのが気になるポイントです。

デスクトップアプリでの日本語表示

上の画像はデスクトップアプリでの表示です。

漢字が見慣れた字体で表示されていていい感じですが…デスクトップアプリでは日本語は使えないので、使うなら英語設定で使うことになります。

デスクトップアプリを英語設定で使うことにしました

結局、メニューの日本語化よりタスクの日本語表示がちゃんとしていたほうがいいので、デスクトップアプリを英語設定で使うことにしました。

もしかしたら今後デスクトップアプリも日本語対応するかもしれませんが、英語設定でもなんとか使えそうなので、しばらくはこのまま使ってみようと思います。

もし、気になるポイントがあれば試してみてください!

Join millions of people to capture ideas, organize to-dos, and make the most of …
ticktick.com

ではまた。