【WordPress】カテゴリー整理に大活躍!カテゴリーを一括設定できるプラグイン「Batch Cat」

【WordPress】カテゴリー整理に大活躍!カテゴリーを一括設定できるプラグイン「Batch Cat」

ある程度記事が増えてきてからカテゴリー構造を整理しようとすると、カテゴリー設定を1記事づつやるのはとても骨の折れる作業です…

そんな「あとから変えると面倒なことになる」カテゴリー構造の変更を助けてくれるプラグインがありました!

複数の記事でもまとめてカテゴリーを一括設定出来る「Batch Cat」はぜひ知っておきたいプラグインです。

カテゴリーを一括設定出来るプラグイン「Batch Cat」

ある程度記事数が多くなってからカテゴリー構造を変えようとすると、1記事ずつカテゴリーを設定し直すのは大変です…

そんな時に活躍する、カテゴリーを一括設定出来る「Batch Cat」というプラグインを紹介します!

「Batch Cat」使い方

インストール

管理画面のプラグインの新規追加ページから「Batch Cat」を検索してインストールします

まずはカテゴリーを設定する対象の記事を選ぶ

「Batch Cat」を有効にすると、「ツール」の中に「Batch Cat」というメニューが追加されるので、そちらを選択します。

カテゴリーやキーワードで対象の記事を検索

まずはカテゴリーを設定する対象の記事を検索します。

現在記事に設定されているカテゴリーやキーワードで対象を検索します。

カテゴリーを設定したい記事をチェック

つづいて、検索結果から、カテゴリーを設定する記事のチェックを入れていきます。

複数の記事にチェックを入れることも可能です!

設定するカテゴリーを選ぶ

カテゴリー設定する記事を選んだら次は設定するカテゴリーを選びます

カテゴリー一覧から、設定したいカテゴリーを選ぶ

記事一覧の下にカテゴリー一覧が表示されているので、設定するカテゴリーにチェックを入れます。

複数のカテゴリーにチェックを入れれば、複数のカテゴリーを一括設定出来ます。

カテゴリーを設定する

カテゴリーの設定方法は全部で「上書き」「追加」「削除」の3種類です。

カテゴリーの操作は「上書き」「追加」「削除」の3種類

「Set categories to posts」は、元々記事についていたカテゴリーを一旦解除して、チェックを付けたカテゴリーで上書きします。

「Add categories to posts」は、元々記事についていたカテゴリーを残しつつ、チェックをつけたカテゴリーを追加設定します。

「Drop categories from posts」は、元々記事についていたカテゴリーの中から、チェックをつけたカテゴリーを削除します。

方法は3つありますが、個人的にわかりやすいのは「Set categories to posts」だと思います!

なにはともあれ、このプラグインをうまく使ってカテゴリー再設定の手間からはおさらばです!