【WordPress】カテゴリーやタグの「説明」でHTMLタグの入力を許可するカスタマイズ

【WordPress】カテゴリーやタグの「説明」でHTMLを許可するカスタマイズ

WordPressテーマによってはカテゴリー一覧ページに説明を表示できるものがあります。

ただ、この説明欄では使えるHTMLが制限されているため、divタグやimgタグなどがデフォルトでは使えません。

カテゴリー・タグの説明でHTMLを使えるようにするカスタマイズ方法について紹介します。

カテゴリー・タグの説明ではHTMLタグが入力できない?

「HTMLが入力できない(使えない)」というよりは使えるHTMLが制限されていると言ったほうが正しいでしょう。

カテゴリーの説明にHTMLを入力する

▲このようなHTMLを説明欄に入力して「更新」を押してみます。

すると、divタグやimgタグなどが削除されてしまいます。

divやimgタグが削除されてしまう

カテゴリーの説明欄をHTMLでガツガツとカスタマイズしたい場合、この制限は結構ツライ制限ですね…

カテゴリー・タグの説明でHTMLを使えるようにするカスタマイズ方法

HTMLの制限をとり、カテゴリー・タグの説明でHTMLを使えるようにするカスタマイズ方法はfunctions.phpに次のコードを追記します。

remove_filter( 'pre_term_description', 'wp_filter_kses' );
add_filter( 'pre_term_description', 'wp_filter_post_kses' );

remove_filter( 'pre_term_description', 'wp_filter_kses' );だけでもHTMLタグの制限は解除できます。

ただ、scriptタグなどをはなるべく許可したくないのでadd_filter( 'pre_term_description', 'wp_filter_post_kses' );を付けて使えるHTMLタグをある程度制限しています。

divやimgタグは残したままscriptタグは無害化出来るようになりました

これでdivタグやimgタグなどが残るようになり、scriptタグは削除(無害化)されるようになりました!

カテゴリーやタグの一覧ページを管理画面から編集したい場合、「説明」欄を活用することがあると思いますので、HTMLをガツガツ書きたい場合はぜひこの方法で使えるHTMLの種類を増やしてみてください。

ではまた。