Google Search Consoleの内容を他の人にも見てもらえるようにする方法

Google Search Consoleの内容を他の人にも見てもらえるようにする方法
2018.4.18

Google Search Consoleの内容を他の人にも見てもらえるようにする方法

例えば、サイトマップやrobots.txtの設定がちゃんとできているかチェックしてもらったり、検索キーワードから、アクセスアップの為のアドバイスをもらいたい時があるかもしれません

そういう時に、他の人がGoogle Search Consoleのレポートを見れるようにする設定方法をご紹介します

Google Search Consoleのプロパティを共有する

Google Search Consoleのレポートは他人とプロパティ単位で共有することが出来ます

今回はその設定方法をご紹介します

Google Search Console右上の歯車マークからメニューを開く

共有したいプロパティのダッシュボードを開き、右上の歯車ボタンを押します

「ユーザーとプロパティ所有者」をクリックします

「ユーザーとプロパティ所有者」というメニューをクリックします

右上の「ユーザーの追加」からユーザーを追加します

現在、権限を持っているユーザーの一覧が表示されます

共有するユーザーを追加するためには右上の「新しいユーザーを追加」をクリックします

ユーザー追加のポップアップが表示されます

新しいユーザー追加の為のポップアップが表示されるので、追加するGoogleアカウントのメールアドレスを入力します

権限は「フル」と「制限付き」が選択できます

「制限付き」でも検索アナリティクスなどのレポートを見ることが出来ますが、Google Search Console内の各種設定の操作をお願いする場合は「フル」でユーザー追加する必要があります

メールアドレスの入力と権限を選択したら「追加」ボタンを押します

ユーザーが一覧に追加されればOKです

追加したユーザーが一覧に表示されれば共有完了です!