簡単操作で初心者にもオススメ!WordPressのローカル開発環境を「Local by flywheel」で作る方法

簡単操作で初心者にもオススメ!WordPressのローカル開発環境を「Local by flywheel」で作る方法

WordPressのローカル環境・開発環境構築ツールはいくつもありますが、「これからブログのカスタマイズをしたい!」という初心者の方には「Local by flywheel」をオススメしています

今回は「Local by flywheel」のインストール方法とWordPressサイトの作成方法について紹介します!

WordPressのローカル環境には「Local by flywheel」がオススメ!

当ブログでも度々紹介しているWordPressの開発環境構築ツール

他にもPC上でWordPressを動かすためのツールがいくつもありますが、「これからブログのカスタマイズをしたい!」という初心者の方には「Local by flywheel」がオススメです!

オススメポイントとしてはこんな感じ▼

  • MacでもWindowsでも使える
  • インストールが簡単
  • 複数のWordPressサイトを作れる
  • WordPressサイト作成時にデータベースなどを自動で作ってくれる

などなど…とにかく操作が簡単

ファイルに設定を書き込む必要も無く、画面の表示に従って必要な情報を入れていくだけであっという間にPC上で動くWordPressサイトが出来上がります!

複数サイトのテーマカスタマイズもバリバリ捗りますね!

「Local by flywheel」のインストール方法

それではまずは「Local by flywheel」のインストール方法から紹介します

「Local by flywheel」のダウンロード

「Local by flywheel」のダウンロードは下記サイトから

Local by flywheelをダウンロード

サイト中央付近にある「FREE DOWNLOAD!」ボタンをクリックします

Windows・Mac両方に対応してる

Mac・Windowsの選択や、メールアドレスなどを入力するポップアップが表示されます

ダウンロードにはメールアドレスの入力が必要

Mac・Windowsどちらのバージョンをダウンロードするか選んで、メールアドレス、ウェブサイト数の部分だけ入力すればひとまずダウンロードが可能です

Local by flywheelのダウンロード開始

ダウンロードが完了するのを待ちましょう

続いてはインストール作業に進みます

インストール作業

Local by flywheelのインストール

「Local by flywheel」のダウンロードが完了したら、ファイルを実行してインストール作業を進めます

この記事ではWindows版を例に紹介しますが、Mac版でも大体同じ操作でインストールを進めていきます

エラーレポートの送信設定

ソフト実行時に「Error Reporting」というダイアログが表示されます

エラー発生時にエラー内容をLocal by flywheelのチームに送りますか?という内容です
エラー内容を送りたくないという方は「いいえ」を選んで下さい

LETS GOボタンでインストール開始

インストール準備が整ったら「LET'S GO!」ボタンをクリックします

インストール作業は自動で進む。途中でPCへの変更許可を求められることもある

インストール作業が進み、必要なツールなどを自動でダウンロード・インストールしてくれます

途中でPCへの変更の許可を訊かれたりするので「はい」を選んで変更を許可して下さい

Macの場合は本体のパスワードの入力を求められますので、そのたびにパスワードを入力して下さい

Local by flywheelのインストール完了

インストールが完了すると、上の図のような画面になります

WordPressサイトを作る方法

Local by flywheelにサイトを追加する

インストールが完了したら早速PC上にWordPressサイトを作ってみましょう

まだサイトを1つも作っていない場合は、中央に表示された「CREATE A NEW SITE」というボタンをクリックしてサイトの追加を始めます

サイト名を入力

まずはサイト名を入力します

ここに入力した名前がそのままドメインとして使われるので半角英数字で入力してください

細かな設定変更も可能

「ADVANCED OPTIONS」という部分をクリックすると詳細な設定項目が表示されます

ドメイン名などを変更できるので、お好みに合わせて変更してみて下さい
基本的には何も変更せずにそのまま右下の「CONTENUE」ボタンをクリックして次に進めます

サーバー機能の設定

続いてはWordPressを動かすWebサーバーやPHP,MySQLなどの設定です

特に細かなこだわりが無ければ「Preferrd」が選択された状態でOKです

PHPバージョンの変更なども可能

「Custom」を選ぶと、PHPのバージョンが変更できたり、nginxとApacheを切り替えたり出来ます

サーバー周りの設定がOKであれば右下の「CONTENUE」ボタンをクリックして次に進めます

WordPress管理者ユーザーのユーザー名とパスワードを入力

最後に、インストールするWordPressの管理者アカウントのユーザー名とパスワードを入力して完了です!

全て入力が終わったら右下の「ADD SITE」ボタンをクリックします

サイトの追加には少し時間がかかるので待ちましょう

サイト追加中にもPCへの変更を許可するか訊かれますので「はい」を押して下さい
(Macの場合は本体パスワードを訊かれますので入力して下さい)

入力したWordPressユーザー情報をデフォルト設定として登録するか確認される

1つ目のサイトを追加した時の管理者ユーザーのユーザー名・パスワードを保存するか訊かれます

「SAVE AS DEFAULT」を押しておけば、次回のサイト追加の時も同じユーザー名とパスワードが入力された状態でサイトの追加作業を進めることが出来きて便利です!

WordPressサイトの追加が完了

サイトの追加が完了すると、上の図のような画面になります

VIEW SITEボタンでサイトを表示

右側に表示された「VIEW SITE」ボタンを押すと、作成したWordPressサイトが表示されます

WordPressサイトが表示されました

あとは普通にサーバーにインストールしたWordPressと同じように操作出来ます

ただ、追加したサイトは日本語版ではなく英語版になっているので、管理画面から日本語版に切り替えます

ADMINボタンを押して管理画面を開きます

「ADMIN」ボタンを押すと、WordPressの管理画面を表示できます

WordPressにログインします

先程サイト追加の設定で入力したユーザー名とパスワードを入力してログインします

設定で言語を日本語に変更します

ログインしたら、「Settings」→「General」と進み、「Site Language」を「日本語」に、「Timezone」を「Tokyo」にします

Timezoneについてはかなり選択肢が多いですが、プルダウンを一度クリックしてから「tokyo」と打つと選択肢がTokyoになってくれます

それぞれ選択出来たら画面下の方にある「Save Changes」ボタンをクリックします

WordPressサイトの日本語化が完了しました

無事日本語版WordPressになりました!

WordPressがインストールされている場所は?

サーバーにインストールしたWordPressであればカスタマイズしたテーマなどはFTPでアップロードする必要がありましたが、PC上にインストールしたWordPressの場合、テーマファイルを直接エディタで開いて編集出来ます

「Local by flywheel」で追加したWordPressがインストールされているのは次の場所です

※Windowsの場合
C:¥Users¥[ユーザー名]¥Local Sites¥[サイト名]¥app¥public

※Macの場合
/Users/[ユーザー名]/Local Sites/[サイト名]/app/public
サイト名すぐ下のボタンを押すとインストールフォルダを開ける

サイト名のすぐ下に表示されているパスの右側の矢印ボタンを押すと、C:¥Users¥[ユーザー名]¥Local Sites をエクスプローラーで開いてくれるので便利です!

テーマのカスタマイズをする場合はC:¥Users¥[ユーザー名]¥Local Sites¥[サイト名]¥app¥public¥wp-content¥themesの中にあるテーマファイルを直接編集すれば、すぐにサイトに変更内容が反映されます

まとめ

ダウンロードにメールアドレスを入れたり、サイト追加にちょっと操作が必要だったりするので「超簡単」とまではいきませんが、これだけの操作で複数のWordPressのローカル環境が作れるのはありがたいです

さらに言えば、WP-CLIなどのツールも使えるのでちょっと本気だすときにも便利なんですよね

ぜひ、WordPressカスタマイズのオトモにPCにインストールしてみて下さい

あと、本番サイトのデータをローカル環境にコピーする方法もあるので、参考にしてみて下さい

ではまた。