G SuiteのアカウントへGmailアカウントからメールを移行する方法

G SuiteのアカウントへGmailアカウントからメールを移行する方法

今までGmailを使って送受信していたメールでも新しく作ったG Suiteのアカウントへ移行することが出来ます。

G Suiteの管理者権限を持っている必要がありますが、移行自体は管理ツールが用意されているのでとっても簡単です!

今まで@gmail.comのメールアドレスでメールのやり取りをしていたけど、「心機一転G Suiteで独自ドメインのアドレスを使ってやっていくぞ!」という時などにご参考にしてみて下さい

GmailアカウントのメールをG Suiteのアカウントへ移行

早速ですが、GmailアカウントのメールのメールをG Suiteのアカウントへ移行する手順をご紹介していきます!

メールに限らず、G Suiteアカウントに関連するデータの移行についてはヘルプが用意されています。

G Suiteの移行ツールにアクセス

まずはG Suiteの管理コンソールにログインしておきます。

ログインができたら、移行ツールへアクセスします

移行元をGmailにする

移行ツールでEmailを選択する

▲上のような画面になったら、リストの中から「Email」を選択して「CONTINUE」をクリックします。

移行するメールの種類でGmailを選択する

▲続いて、「Migration source」から「Gmail」を選択します。

Gmailを選んだらCONNECTを押す

▲Gmailを選択すると、他のオプションは非表示になるので、この状態で「CONNECT」をクリックします。

メールの移行対象期間などを設定

メールを移行する対象の期間などを設定していく

続いてメールの移行対象の設定をする画面になります。

対象とするメールのはいつからのものにするのか…ということを決めていきます。

カスタムの期間も選択できる

期間指定の部分は日付の指定も可能です。指定日以降のメールが移行されます。

削除済みメールやスパムメールを移行するかなども設定可能

その他、削除済みメールやスパムメールも移行するか、特定のラベルを移行対象外にすることも出来るようです。

この部分はお好みで設定して下さい。特に指定がなければこのままで大丈夫かと思います。

設定を入力できたら「SELECT USERS」をクリックしてユーザー設定に進みます。

移行先ユーザー・移行元のGmailユーザーの設定をする

移行元・移行先ユーザーの設定へ進む

続いてGmailを移行するユーザーの設定を進めます。

ほぼ真っ白な画面まで進んだら、右下の「+」ボタンをクリックします。

移行元のGmailアドレスを入力してAUTHORIZEをクリック

ユーザーを設定する画面が表示されるので、まずは「Migrate From:」のすぐ下に、メールの移行元となるGmailアドレスを入力します。

その後、横にある「AUTHORIZE」をクリックして、アカウントの認証を進めます。

認証コードを取得、Gmailアカウントのすぐ下に入力

表示された画面に従ってGmailアカウントでデータへのアクセスを許可すると、上の画像のようにコードが表示されます。

このコードを全てコピーして、先程Gmailアドレスを入力した欄のすぐ下に貼り付けて下さい。

移行先のG Suiteアカウントを選択

続いて、「Migrate To:」欄でメールの移行先アカウントを選択します。

移行先ユーザー名を少し入力すると候補が表示されると思いますので、候補の中から対象アカウントを選択すればOKです。

移行元ユーザー、移行先ユーザーが選択できたら「START」をクリックして移行開始です!

移行完了まで待つ

移行完了まで待つ

移行ツールの管理画面で進行状況を確認出来るので、あとは移行完了まで待つだけです。

移行完了

移行元アカウントのメールとラベルがそっくりそのままG Suiteのアカウントへ引き継がれました!

ただ、ラベルの色設定は引き継がれないので移行後、自分で再設定する必要があります。

メールボックスの容量にもよりますが、メールの移行には時間がかかるようです。

夜寝る前などに移行を仕掛けておいたほうが待ち時間が短く感じられるかもしれませんね!