【Mac】WebP画像をPNGやJPEGにまとめて変換する方法

【Mac】WebP画像をPNGやJPEGにまとめて変換する方法

プログラミング

Googleが開発している画像フォーマット「WebP」。

この記事を書いている時点ではまだWebサイトでの利用は多くないと思われますが、時々WebP画像を表示しているサイトも見かけます。

そんなWebP画像をPNG、JPEGに変換したい状況になったので、コマンドラインでサクッと変換する方法と複数のWebP画像をまとめて変換するコマンドのメモです。

コマンドラインツール dwebp で.webpを.png/.jpgに変換する

変換ツールのダウンロード・インストール

PNG/JPEGをWebPに変換するツールや、WebPをPNG/JPEGツールなどいくつかのツールが下記からダウンロードできます。

今回は、WebPをPNG/JPEGに変換したいのでdwebpを使います。

私はいつもお世話になっているHomebrewを使ってインストールします。

$ brew install webp

ひとまずこれで cwebpとdwebpが使えるようになりました。

.webpを.png/.jpgに変換

WebPをPNG/JPEGに変換するコマンド例はこちら▼

$ dwebp image.webp -o image.png

とても簡単ですね。

JPEGに変換したい場合は変換後の拡張子を.jpgにしてあげればOKです。

ファイルをまとめて変換する

何枚も変換したいのに画像1枚ずつコマンド打つのは面倒なので、まとめて変換できるコマンドを作ってみました。

$ for file in *.webp; do dwebp "$file" -o "${file%.*}.png"; done

フォルダ内のWebP画像をまとめてPNGに変換します。

個人的に、画像の変換をする時は大体まとめて変換すると思うので、こっちのコマンドのほうがよく使うことになると思います。

ではまた。