置くだけ簡単DIY!2×4材を「置いて作る」モニター台が思ったより満足感ある

置くだけ簡単DIY!2x4材を「置いて作る」モニター台が思ったより満足感ある

どこの家庭にも2×4材って余ってるじゃないですか。

…それは冗談として。家の棚を作ろうと思って買った2×4材の端材が家の中に転がっていたので、モニターの高さを上げるために置いてみたら、なんかいい感じ!

「置くだけ」をDIYと呼んでいいのか…板を置いただけのものを「モニター台」と言っていいのか怪しいですが…今回作ったものをご紹介します!

2×4材を「置くだけ」。簡単モニター台

2x4材を「置くだけ」で作った簡単モニター台

今回作ったモニター台はこんな感じ。

作ったと言っても、家に転がってた2×4材にBRIWAXで色を塗って置いただけ。
ドライバーでネジ止めなどすることもない超お手軽DIYです。

大した機能はなく、本当にただ「モニターの高さを上げるだけ」の台で、一応ちょっとだけ工夫して、背面には電源コードを隠しておけるようにしてあります。

今回、僕はたまたまあまり材で作りましたが、変に凝ったモニター台を作るよりサクッとできていい感じじゃないかな?と思います!

それでは、ざっと作り方をご紹介…

2×4材にBRIWAXで色を塗る

木材の着色にはBRIWAXのウォルナットを使用

ただ真っ白な木だと味気ないので、2×4材にBRIWAX(ブライワックス)を塗って着色します。

我が家はドアなどが焦げ茶っぽい色なので、やや濃い目の色にするために「ウォルナット」を選択。(これも別の棚を作るときに買ってあったやつ)

スポンジなどでBRIWAXを塗っていくと…

BRIWAXで色を塗った2x4材

あっという間にいい感じ。この一手間が見た目をガラッと変えます。

今後100均で買った木製の箱とかにも使ってみようと思っているので、塗料は1個持っておくといろいろ夢広がります。

デスクに配置!背面には電源コード用の隙間を少しあける

色を塗った2x4材をデスクに設置していきます

色を塗った木材を置いていきます。

PCやらUSB-Cの充電器やら、デスクの上は電気を使うものが多く、電源コードもなかなかスッキリしません。

僕はもう電源コードをスッキリまとめることについては諦めていて、「見えなくなればいい」という考えで、壁と置いた木材の間に電源コードを押し込む隙間をあけておきました!

位置を調整しながらモニター台にモノを配置

調整しながら木材の配置を考えます

木材を置く位置をある程度決めたら、実際に台にモノを置きながら微調整していきます。

電源の取り回しがいちばん重要なポイント

「充電用のケーブルはどこから出すか」などは結構悩むポイントですね。

背面に追いやった電源がムリに曲がっていないか確認しながら進めます

コンセントがムリに曲がってないか…なども確認しながら進めます。

モニターの位置を作業しやすいように調整

モニターの位置も微調整しながら…

木材背面からケーブルが生える事態になりました

途中、背面からケーブルが生えたりもしましたが、これはこれで使い勝手いいのでOKです。

モニター台完成!

いろいろ調整しながらモノの配置が終われば完成です!

ちょっとガタガタする部分もありますが、モニター台の上で何か字を書くわけでもないので特に問題なしです!

手前に写ってる机も塗り直して色を合わせようかな…

あとから自分好みにカスタマイズできるのもDIYの面白いところですね!

「置いただけ」なので壊しやすく、後から調整しやすいところもポイント(?)

今回作ったモニター台は本当に木材を置いただけなので、後から「モニターがやっぱり高いな…」と思えば簡単に高さ変えられますし、「低いな」と思えば1×4材などを買い足して調整することもできます。

そもそも「モニター台要らなくなった」となれば木材はまた別のDIYの材料として活躍しますしね!

ネジ止めなどもしてないので、分解も簡単です!

もし何かひらめいたら「置くだけ」でなにかやってみてはいかがでしょう。

ではまた。