Visual Studio CodeでWordPress関連の関数に赤い波線が表示されてエラーっぽくなる件の対処方法メモ

Visual Studio CodeでWordPress関連の関数に赤い波線が表示されてエラーっぽくなる件の対処方法メモ

2022.11.8

※本ページ内の商品・サービスのリンクにはアフィリエイト広告を含みます

最近、開発環境をPHPStormからVisual Studio Codeに移行しているよっしーです。

普段WordPress関連のコードをいじることがほとんどなので、Visual Studio CodeでWordPressのテーマやプラグイン開発をする際にWordPress関連の関数に赤い波線が表示されてエラーっぽくなるとエディターがとても騒がしくなります😭

「PHP Intelephense」という拡張機能を使っていることが前提となりますが、赤い波線の対処方法についてメモしておきます。

WordPressの関数がエラーっぽい表示になる

▲特に何も設定せずにテーマファイルの一部を開いた図。

do_actionなどWordPress関連の関数の下に赤い波線が表示されています…

動作的に困ったことはないのですが、これだと開いたファイルが波線だらけで騒がしいのでなんとかします…

PHP IntelephenseのStubs設定でWordPressを追加する

Visual Studio Codeの設定を開き、画面上部の検索ボックスに「stubs」と入力します。

表示された設定の中でExtensions > intelephense をクリックすると「Intelephense: Stubs」という設定が表示されます。

一覧の下の方にある「Add Item」というボタンを押し、セレクトボックスから「wordpress」を選んで「OK」ボタンを押します。

WordPress関連の関数から波線が消えてスッキリしました!!

これで集中して開発が進められます!

ではまた。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場