暁 事業サイトリニューアル

制作事例:暁 事業サイトリニューアル
制作内容WordPressサイトリニューアル
URLhttps://yosiakatsuki.net/

静的サイトからWordPressサイトへのリニューアル

約2年ぶりに暁の事業サイトを全面リニューアルいたしました。

これまでは静的なHTMLで1ページのみ作成していましたが、今回はWordPressでサイトを構築しました。

Webサイトのターゲット

Webサイトリニューアルにあたり「このような方に見てもらいたい」というターゲットを以下のように設定しました。

  • 会社・お店のホームページを初めて作りたい
  • 古くなったホームページをスマートフォンなどでもキレイに閲覧できるように作り直したい
  • WordPressにプラグインだけでは追加できない機能をオーダーメイドで追加・カスタマイズしたい

事業サイトではこれまでのお問い合わせの傾向から、ホームページの制作とWordPressサイトカスタマイズの2つに情報を絞って掲載することにいたしました。

ホームページ制作

暁にご相談いただくお客様には初めてホームページを作りたいというご要望が多いため、しっかり相談しながらホームページを作るプランと、とにかくコストと時間を抑えて必要最低限の情報でサイトを公開するプランをご案内しています。

暁では、なかなかどのような情報を発信していけばよいか想像しづらい段階から時間をかけてしっかりホームページを作り込むのではなく、コストと時間を抑えて必要最低限のページでサイトを公開し、公開後に必要に応じて情報の追加や機能のカスタマイズをする方法もご提案しています。

WordPressカスタマイズ

制作実績では公開できていないものが多いですが、これまで数多くWordPressのカスタマイズを実施してきております。

どのようなカスタマイズができるか、これまでに対応したカスタマイズの一例を「WordPressサイト制作・カスタマイズ」ページに掲載しました。

レイアウトの変更

デザイン面ではTOPページのレイアウトも大きく変更しました。

WebサイトリニューアルBefore,After

リニューアル前はイメージ画像を多く使っていましたが、今回はイラストやアイコンを多く使用しました。

企画段階ではアニメーションを駆使した「スタイリッシュでカッコいいサイト」にする案もありましたが、サイトのターゲットと今後の展開も考えて「どこか見たことのあるような安心感のあるサイト」を目指しました。

最近は、スクロールに合わせてアニメーションするWebサイトが多いので、うるさくない程度にスクロールに合わせてふわっとフェードインするようにしています。

サイトコンテンツはコーディングせず、ブロックエディターで作成

Webサイトリニューアルにあたり、1つ大きな目標としてはサイトコンテンツはデザインに合わせてコーディングはせず、ブロックエディターのみで作り上げることがありあました。

そのため、サイトリニューアルに必要な機能をyStandard(無料配布テーマ)と合わせて作成しているyStandard Blocksというブロック拡張プラグインに追加していきました。

yStandard Blocksがどのテーマを使っていても動作するように調整し、アニメーションを設定できるブロックの追加などを行っていきました。

一覧ページなどはテーマ側に直接コーディングしていますが、TOPページを含め投稿、固定ページ、制作実績(カスタム投稿タイプ)の詳細ページはすべてブロックで作成しています。

今後もyStandard Blocksにはホームページの作成にマッチしたブロックを追加し、少し凝ったレイアウトやアニメーションのあるサイトでもコストを抑え、早く作れるようにしていこうと考えております。