前進してる人の話を聞いているとおもしろいなーと思うので、そういう人に私もなりたい

前進してる人の話を聞いているとおもしろいなーと思うので、そういう人に私もなりたい

「おもしろい」といっても「ゲラゲラ」なおもしろさではなく、

元気をもらえるというか、「よし!僕も頑張ろう!」みたいに思えるといったおもしろさです。伝わりますかね…?

…という、特にまとまりなく思ったことについて本日は話してみます

前を向いて進んでいる人の話はなぜこんなにも魅力的なのか

よっひー(@yosiakatsuki)です。

たまたま知り合いの方の話を聞くことがありまして。

その人、もうあと何年もしないうちに定年になるはずなのですが、昨年度で会社を退職して個人事業を始めたらしいのです。(本人から直接聞いた話ではないです。すみません。)

珍しい資格を持っていて、今までもその資格を活かした活動をしていたのですが、今後もっと力を入れていきたいとのことで独立したということでした
(資格については、調べてみたら一発で個人特定出来てしまうほど認定者数の少ない資格だったので詳細は伏せさせていただきます)

この時点で、僕としては「あと数年いれば退職金だって満額もらえただろうに、このタイミングってすごいな」って驚くばかりでした

しかも、独立してから「食べ物のありがたみを知るために断食した」という話も聞いて、

「どこからそんな『何かにチャレンジする』パワーが湧いてくるんだろう」

と、思うと同時に

なにかに挑戦している人の話って、聞いててなんでこう『僕も頑張ろう』みたいな気持ちが起きるのだろう

と羨ましく思うのでした。

僕もチャレンジ精神をもって生きていきたい

「チャレンジ精神」

持っているつもりではあるのですが、「つもり」になっているだけなのですかね?

何かにチャレンジしようと思っても、「今やっていることが落ち着いたら」「もう少し余裕が出来たら」なんて後回しにしてしまおうという邪念が湧いてきて

でも、それじゃいけないのはわかってて、焦りばかりが増えていって…

という悪循環

そんなことを思って「ずーん」と何をするでもなく落ち込んでいたところで、先に話したようなことを聞いて

いつまでもとどまってたら、それまでだ

と思うことが出来て、

「なにかちょっとでも進めないと!」

ということで、週に1本くらいこんなとりとめのない記事を書いてもいいのではないかと、「しっかりしたものを書かなきゃ!」みたいに身構えてしまっていた自分の殻を少し破ってみた次第です

少しの前進でも積み重なれば大きな前進になるはず

そう信じて昨日とは違う今日を作っていきたいですね。

「トライ精神」

日本語と組み合わせると語呂が悪いけどそういうことです。

よっしーのひとこと

よしあかつき

今週も1週間頑張ろう!

ではまた。